Facebook

ANA AVATAR

平和利用宣言

ANA AVATARは、その技術を世界平和のために用いていきます。そして、日本発の技術だからこそできる方法で世界中の人々を繋ぎ、平和推進活動にも有効利用したいと考えています。

その象徴的な取り組みが、Avatarを用いて世界と広島を繋ぎ、被爆体験を風化させることなく、戦争の悲惨さ、平和の大切さに触れられる体験の提供です。

常に平和の大切さを発信し続けてきた広島県及び広島平和記念資料館と協力し、被爆の実相や平和のメッセージを伝えていきます。

広島県知事 湯崎英彦 氏

広島を訪れる海外旅行者は、年間200万人ほど。Avatarを通して、もっとたくさんの方々が広島を実感することで、平和への想いが世界中に広がることを期待しています。

被爆建物「旧陸軍被服支廠倉庫」

ひろしまジュニア国際フォーラム

広島平和記念資料館

Avatarの平和推進活動の最初の取り組みとして、広島平和記念資料館の遠隔ツアーサービスの提供があります。たくさんの被爆資料や遺品、証言を通して、世界に被爆の実相と平和への想いを伝え続けてきた広島平和記念資料館。その館内の移動やガイドの方とのコミュニケーションが円滑におこなえるかどうか、資料の閲覧や体験コーナーをいかに実体験として届けられるかどうか。体験の実現に向けて、日々実験と検証を繰り返しています。